昭和39年の渇水

災害年月日
1964年08月22日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和39年(1964)8月、日照り続きで松山市の上水道と工業用水は水不足となり、上水道は22日午前9時から午後4時までの7時間断水、工業用水も12万トン/日から10万トン/日に減らさざるをえない状態となった。その後、面河ダムの工業用水から転用することができ、断水は中止となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、309頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
渇水 断水 面河ダム
NO.
愛媛848

よく似た災害

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)、渇水のため、早明浦ダムの貯水率は低下し、香川用水は6月29日に30%の第1次取水制限、7月16日には75%の第3次取水制限、7月... 続きを読む

昭和42年6月の渇水

昭和42年(1967)6月20日、日照りによる渇水と田植え時期が重なったことから、午前10時から午後4時までの断水となった。しかし、重信川流域の土地改... 続きを読む

昭和36年の渇水

昭和36年(1961)、厳しい残暑の上、雨が降らない松山市では、上水道が不足し、8月27日から午前10時から午後4時までの時間断水となる。 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)5月上旬から9月中旬まで、松山市の降雨量は平年の4分の1と少なく、特に8月の降雨量は2ミリであった。石手川ダムの貯水量は8月26日... 続きを読む

昭和34年の渇水

昭和34年(1959)6月28日、松山市水道局は水不足に備えて市民に節水を呼びかけた。7月3日、ついに給水制限。夜8時から翌朝5時まで断水。水道局は、... 続きを読む