昭和42年6月の渇水

災害年月日
1967年06月20日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)6月20日、日照りによる渇水と田植え時期が重なったことから、午前10時から午後4時までの断水となった。しかし、重信川流域の土地改良区との話し合いで、農業用水を重信川に放水することになり、7月9日に90ミリの降雨があり、時間断水は実質的に影響なく終わった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第4巻」(松山市、1995年)、309頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
渇水 断水 重信川
NO.
愛媛849

よく似た災害

昭和39年の渇水

昭和39年(1964)8月、日照り続きで松山市の上水道と工業用水は水不足となり、上水道は22日午前9時から午後4時までの7時間断水、工業用水も12万ト... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、重信川の堤防は各所で決壊した。上高柳でも内土手を含めて3箇所で決壊し、川原と化した。 この後、重... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)2月、重信川は未曾有の大水害を受けた。堤防の決壊箇所の応急処置は、中学生等の勤労奉仕作業によったが、戦後に建設省は重信川工事事務... 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)は渇水であったが、綾南町では渇水をしのぐことができた一つの要因として、香川用水からの命の水をあげている。この年以降、香川県の中学一... 続きを読む

昭和52年の渇水

昭和51年(1976)末から年明けにかけて、宇和町は異常な寒波と渇水に見舞われ、水不足という不測の事態に直面した。2月には、下川の滝山川から鬼窪の一ノ... 続きを読む