昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月10日
市町村
愛媛県松山市(中島町)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月10日~10月5日まで、中島町では降雨が全くなかった。みかんは栽培面積1,442haのうち77.5%の1,195haが被害を受け、被害額は5,084万円余に達した。島では水源確保のための井戸掘り、送水のためのパイプの敷設等の努力が重ねられた。飲料水についても時間断水するなどの対応が取られたが、遂に自衛隊の給水艇の出動を求め、大浦、睦月、野忽那への補給を行った。また、二神では地元の漁船を給水船として、松山市水道局の厚意により二神、三津浜間で運搬が行われた。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中島町誌編集委員会編「中島町誌」(中島町、1968年)、41-44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ みかん被害 自衛隊の給水艇 松山市からの給水
NO.
愛媛899

よく似た災害

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)7月13日から9月13日までの63日間渇水となり、第1次から第5次に至る給水制限が実施された。8月6日~23日には陸上自衛隊善通... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

image

昭和48年(1973)、7月から8月中旬までほとんど雨がないという異常気象となった。高松市では7月13日に第一次給水制限、21日に第二次給水制限、8月... 続きを読む

昭和48年の干ばつ

昭和48年(1973)、干ばつのため、8月9日、県の要請により自衛隊が出動し、給水活動を開始。農作物の被害額9億円。10月9日、長期干ばつのため、激じ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、小野村では神社、寺院で雨乞い祈願を行ったり、皿ヶ嶺(1,271m)のお水貰い、河之内(川内町)の雨瀧参りなどを行... 続きを読む

昭和42年8月の渇水

昭和42年(1967)8月19日、日照り続きのため、市公営企業局は給水制限を決定し、2割の給水制限を行った。連日の暑さと出穂前で水の使用量が増えたため... 続きを読む