昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、大干ばつにより、樋口では40町歩、志津川では80町歩、西岡では50町歩が収穫皆無の大被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、321頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 樋口 志津川 西岡
NO.
愛媛912

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつにより、樋口では40町歩、志津川では80町歩、西岡では50町歩が収穫皆無の大被害を受けた。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、木太町で干ばつ。甚大な被害を受け、ほとんど収穫皆無であった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、松山市の沈下量は旧市内で38cm、三津浜地区で28cmとなった。松山市では北部久万川河口地区、三津... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、空前の大干ばつが続き、収穫皆無の所が多く出た。(「高松市史年表」による) 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日から18日に襲来した枕崎台風により、農作物は徹底的な打撃を受けた。海岸地区の段畑だけでなく、平坦地や谷間の水稲も収穫皆... 続きを読む