昭和9年の大割泉の水論

災害年月日
1934年08月20日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)8月20日午前2時頃、北野田の農民約80人が大割泉に押しかけ、その泉を守っていた高井の農民3人を袋だたきにして重傷を負わせた。この年は大干ばつで、灌漑水不足のため、8月10日に高井の農民が大割泉に慣習違反の枠を入れて取水したことが原因であった。裁判で争うこと6年に及んだが、昭和14年に南吉井村長が浮穴村長に調停の申し入れを行い、双方和解に同意し、円満解決をみた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、353-355頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 大割泉 北野田 高井
NO.
愛媛914

よく似た災害

昭和9年の大割泉の水論

昭和9年(1934)8月20日午前2時頃、北野田の農民約80人が大割泉に押しかけ、その泉を守っていた高井の農民3人を袋だたきにして重傷を負わせた。この... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)は大干ばつで、8月20日午前2時に南吉井村北野田(重信町)の農民80人が大割泉に押しかけ、浮穴村高井(松山市)の泉番の農民3人を袋... 続きを読む

昭和5年の水論

昭和5年(1930)、温泉郡北野田と高井が大割泉で水論。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

宝暦10年の水論

宝暦10年(1760)、南高井・北高井の間で水論が激烈。(「久米村誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

慶応3年の水論

慶応3年(1867)8月、大干ばつにより、北高井村では野津合泉で3個の足踏水車と5個の桶を用いて昼夜兼行で地下水を揚水した。これに対して、南高井村では... 続きを読む