文政13年の水論

災害年月日
1830年07月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20日夕方には、下林の百姓残らず観音堂に集結し、上村、津吉からも各々60人が加勢した。一方、北三か村も関表に多数集結して相対峙した。郡役人も事態を重視し、21日午前中に現場に急行して制止につとめたが、午後4時頃から南北両者は関表に集まり、夕暮れになって石を投げ合う喧嘩となり、双方とも7、8人の怪我人を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、264-266頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 滝ノ下井手 下林
NO.
愛媛923

よく似た災害

文政13年の水論

文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20... 続きを読む

宝暦3年の水論

image

宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発... 続きを読む

宝暦3年の水論

image

宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発... 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)6月30日、干ばつのため下堰側が請求した大落水について、上堰北方がその執行を遅らせたため、下堰側の農民数百人が堰に集結して、堰を切... 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)6月30日、干ばつのため下堰側が請求した大落水について、上堰北方がその執行を遅らせたため、下堰側の農民数百人が堰に集結して、堰を切... 続きを読む