昭和36年の干ばつ

災害年月日
1961年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
昭和36年(1961)、異常な干ばつに見舞われ、水不足に耐えかねた田窪、牛淵、野田の農民が田窪井堰に流水を送るため、見奈良神社付近から重信川底をブルドーザーで掘削して流水を変更するための水路を設け、かつ土俵を積んで流水をせき止めた。下林地区としては認めることができないので、6月20日午前7時までに原型に復することを要求した。結局、現地に重信町長、警察官などが赴き、斡旋を行い、元の状態に復元し、水取関を一部置くことで円満解決した。
Googleマップ
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、269-271頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 重信川底の掘削 ブルドーザー
NO.
愛媛924

よく似た災害

昭和36年の干ばつ

昭和36年(1961)、異常な干ばつに見舞われ、水不足に耐えかねた田窪、牛淵、野田の農民が田窪井堰に流水を送るため、見奈良神社付近から重信川底をブルド... 続きを読む

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、大干ばつに際して、三島・中曽根・松柏村の庄屋らが今治藩三島代官所に、銅山川の水を宇摩平野の導水することを請願した。 続きを読む

昭和42年6月の渇水

昭和42年(1967)6月20日、日照りによる渇水と田植え時期が重なったことから、午前10時から午後4時までの断水となった。しかし、重信川流域の土地改... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降水量は、32.5ミリで、そのうち8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公... 続きを読む

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)、21年ぶりの異常渇水という事態が生じた。町では、地蔵前ダムの貯水率が20%を割った8月12日から、町制施行以来初めて夜間断水を行... 続きを読む