昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月23日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月23日、24日、大雨降り続き、則之内、丘の奥が山津波を起こし、池をつぶしたため、被害が一層甚大となり、丘一円の耕地を埋没し県道にまで及ぶ。この水害で、村内の木橋は悉く流失し、田地が多数流失する。(「近藤林内日記」、「学校日誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、119頁及び351-353頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 山津波 則之内 近藤林内日記 学校日誌
NO.
愛媛934

よく似た災害

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月29日、大暴風雨により、内海村内の県道に陥没、崩壊が発生した。 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月29日、四万十川は明治23年(1890)以来の大洪水となった。川登地区では四万十川の平水位7.5mに対して、29日未明の洪水... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日、前日からの雨が大雨となり、昼から夜半にかけて降り続き、雨量は403ミリに達したと記録されている。このため、北幡地を除く... 続きを読む

昭和9年の台風

昭和9年(1934)9月20日、暴風雨により、平川橋、一の瀬橋、滝の宮橋、杉の木橋、段地橋が流失。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日~25日、大暴風雨により未曾有の大水害が発生した。被害は、家屋の流失24戸、全壊14戸、半壊145戸、負傷1人、牛馬の流... 続きを読む