昭和20年の洪水

災害年月日
1945年10月08日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和20年(1945)10月8日、9日と降り続いた雨は10日遂に大水害となる。昭和18年流失後復旧した木橋は再び全部流失した。問屋七森で山崩れが起こり、家屋の倒壊3戸、半壊3戸、死者3人を出し、唐岬の山崩れでも死者1人を出した。全村で流失田は約70町歩に及ぶ。東谷川筋、西谷川筋、土谷、本谷、則母神の田畑流失等、全村にわたって被害甚大であった。(「近藤林内日記」、「学校日誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、120頁及び351-352頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山崩れ 問屋七森 死者 近藤林内日記
NO.
愛媛935

よく似た災害

明治36年の洪水

明治36年(1903)、洪水。伊与喜の奥地に入植していた人家2軒が山崩れに押し流され、死者5人を出した。 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)7月、8月の2回の大雨によって、吉野川など各河川は大洪水となり、大きな被害を受けた。吉田谷川では県道取合の堤防21間が決壊し、家屋... 続きを読む

明治41年の洪水

明治41年(1908)8月10日、春日川の出水により、旧佐川町で床上浸水81戸、床下浸水47戸、水没田地68町歩、埋没高地3反5畝、山崩れ3箇所、橋梁... 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)、台風19号により、死者1人を出した。 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)、台風19号により、死者1人を出した。 続きを読む