明治45年の水争い

災害年月日
1912年05月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
明治45年(1912)5月、北吉井村で水争いが起こり、警官出動。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水争い 北吉井村
NO.
愛媛960

よく似た災害

明治45年の水争い

明治45年(1912)、温泉郡北吉井村で水騒動、農民400人騒ぎ、警官鎮圧。(「重信町誌」、「小野村史」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

明治37年の水争い

明治37年(1904)、旧吉野川潮止水門三ツ合で水争いが起こり、農民の流血騒ぎあり。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

明治5年の水争い

明治5年(1872)、金川村と三角寺村の間に水争いがあった。谷水が等分に流れるように置いていた分水石を切って流量を変えたため、水争いが起こった。(「惣... 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつ。南・北吉井村などで水利紛争起こる。 続きを読む

明治27年の水争い

明治27年(1894)、大干ばつのため、7月19日午前1時頃、竹原堰の下流にある大井手堰の組合員千人余が舟路の浚渫という名目で、竹原堰を縦断して400... 続きを読む