昭和32年の台風7号

災害年月日
1957年08月21日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和32年(1957)8月21日、台風7号により県下で山崩れ28箇所。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
愛媛966

よく似た災害

昭和56年の台風10号

昭和56年(1981)7月30日~8月1日、台風10号による大雨・洪水・波浪のため、県下で山・崖崩れ2箇所、田冠水120ha。(宿毛市を中心とした気象... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月11日~12日、台風17号による集中豪雨のため、小豆内海・大川白鳥で山崩れ、地すべり。県下で死者38人、行方不明12人、重軽... 続きを読む

昭和47年の台風

昭和47年(1972)9月16日、台風20号来襲により県下で死傷7人、被害額約46億円。 続きを読む

昭和34年の台風18号

昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。 続きを読む

昭和34年の台風18号

昭和34年(1959)10月18日、台風18号により、県内では大した風雨にならなかったが、県西部で山崩れが2箇所発生した。 続きを読む