明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
愛媛県内子町(小田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月10日夜から、豪雨、暴風雨により、小田郷各地は大きな被害が出た。古老の話によると、上川の東方の狼ヶ城山の三条の潰(つえ)により、小田川に土砂が流出して河川を埋め、上川から内子方面には河原を歩いて通行したとのことであった。現在も青潰、三つ潰と呼ばれ、往時の痕跡を残している。家屋の倒壊、田畑、人畜の被害は言語に絶するものであったと言われる。中川村外2ヶ村を代表して戸長代理から上浮穴郡長に宛てた被害状況の報告書と救助を要請した上申書が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
林與一郎編「小田町誌」(小田町、1985年)、452-454頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 小田川 土砂崩れ 死者
NO.
愛媛992

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時、室戸台風が室戸岬の西方に上陸し、徳島の南西方から鳴門海峡、淡路島を通って大阪湾に向かった。21日5時10分に室戸観... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が土佐湾を西北進して足摺に上陸し、県西部の被害甚大。被害は死者186人、家全半壊2,484棟に及んだ。幡多の惨状は... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、洪水のため、渡川の水位は13,000立米/秒を記録し、これが後日渡川改修工事計画の対象洪水となった。「中村町風水害史... 続きを読む

昭和16年の台風

昭和16年(1941)10月1日午前11時頃から暴風雨となり、風速35mを記録した。翌2日午前5時には県道上で8尺となり、軒を没する家も2、3戸あった... 続きを読む

昭和16年の水害

昭和16年(1941)10月1日午前11時頃から暴風雨となり、風速35mを記録した。翌2日午前5時には県道上で8尺となり、軒を没する家も2、3戸あった... 続きを読む