平成6年の異常渇水

災害年月日
1994年00月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
渇水  
概要
平成6年(1994)春から降雨量が少なく、7月25日から9月28日までの約2ヶ月間は雨らしい雨がなかった。さらに、7月には台風が暖かい空気を持ち込み、8月に入っても太平洋高気圧の勢力が強く、9月中旬を過ぎても連日のかんかん照りが続いた。町内の多くの水道施設では時間給水となり、果樹園では給水車による散水が続けられた。山林でも西に面した杉・ヒノキに立ち枯れが発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
渇水 時間給水 立ち枯れ
NO.
愛媛1024

よく似た災害

平成6年の渇水

平成6年(1994)、北四国では渇水となった。松山市では7月26日から時間給水開始、8月22日から5時間給水(16時~21時)となり、2ヶ月間継続した... 続きを読む

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日、台風10号により131.5ミリの降雨があり、双海町の各地で水害が発生した。林道カヤマ線が崩壊して下方の岡集落の水源... 続きを読む

平成6年の渇水

平成6年(1994)夏季の異常少雨に伴い、松山市の上水道では7月26日から11月25日までの4ヶ月間にわたり給水制限が実施された。このうち、8月22日... 続きを読む

昭和56年2月の異常低温

昭和56年(1981)2月25日から冬型の気圧配置が強まり、26日には徳島市で最高気温が氷点下の真冬日となり、27日の徳島の最低気温は氷点下5.9度に... 続きを読む

寛喜3年の異常低温

寛喜3年(1230)夏と秋に寒冷が続き、異常な災害となった。6月になっても雪や霜が降り、作物や穀類は大いに枯死したと、古事録「災害異誌」に残されている... 続きを読む