昭和33年の干ばつ

災害年月日
1958年07月23日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
渇水  
概要
昭和33年(1958)7月23日~8月27日まで、60年来といわれる大干ばつに見舞われた。畑作中で雑穀は収穫皆無に近い状態であったが、大部分を占める甘藷等は当初の予想より収穫が多かった。水稲も一部で植え付け不能となり、相当の減収が予想されたが、8月中旬以降の好天により、予想に比べて収穫は多かった。山間地帯の樹陰地帯ではむしろ豊作であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長浜町誌編纂会編「長浜町誌」(長浜町誌編纂会、1975年)、31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 豊作
NO.
愛媛1027

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、未曾有の干ばつが来襲した。6月30日から9月9日までの72日間の降雨量は36.4ミリであったという。大内でも、降雨がないため、... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、大干ばつで土びん水対策が行われたが、稲の枯死が多かった。 続きを読む

明治8年の干ばつ

明治8年(1875)、干ばつにより相当の被害があった。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、干ばつのため、綾子踊りを行った。(「踊り歳控」による)池の水も涸れ、水田は白く乾燥したうえ大きな亀裂が生じた。葉が巻いてしまった... 続きを読む

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)、渇水に見舞われた。大窪池に関係する地域では、7月12日からかんがい地区を法勲寺、川原・真時、西坂元の3地区に分け、3日に1回か、... 続きを読む