昭和33年の大地地区の地すべり

災害年月日
1958年12月21日
市町村
愛媛県大洲市(肱川町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和33年(1958)12月12日、鹿野川ダム築造後に、大地地区で地すべりが始まった。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
肱川町誌編纂会編「肱川町誌」(肱川町誌編纂会、1977年)、42-45頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 大地 鹿野川ダム
NO.
愛媛1066

よく似た災害

昭和33年の大地地区の地すべり

image

昭和33年(1958)12月12日、鹿野川ダム築造後に、大地地区で地すべりが始まった。 続きを読む

昭和38年の大地地区の地すべり

昭和38年(1963)3月~6月、大地地区の地すべりが再び活発になった。 続きを読む

昭和38年の大地地区の地すべり

昭和38年(1963)3月~6月、大地地区の地すべりが再び活発になった。 続きを読む

昭和17年の肥土山の地すべり

昭和17年(1942)8月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む

大正9年の肥土山の地すべり

大正9年(1920)5月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む