文久元年の干ばつ

災害年月日
1861年06月14日
市町村
愛媛県大洲市(肱川町)
災害種類
渇水  
概要
文久元年(1861)5月7日から6月26日まで50日間雨が降らず、辰ノ口(道野尾)で6月26日に大雨乞の祈願が行われた。
Googleマップ
備考
大谷村古文書には雨乞い実施の廻達文書「辰ノ口大雨乞手控」が残っている。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
肱川町誌編纂会編「新編 肱川町誌」(肱川町、1977年)、43頁及び145-146頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 辰ノ口 雨乞い
NO.
愛媛1072

よく似た災害

弘化3年の干ばつ

image

弘化3年(1846)干ばつ、5月5日~15日に白峯寺で雨乞い祈願が行われた。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)8月19日、阿野南組によって滝宮神社と滝宮天満宮で雨乞い念仏踊りが奉納された。この年は県下全域で雨乞いが行われ、念仏踊りが奉納され... 続きを読む

寛文8年の干ばつ

寛文8年(1668)、干ばつ。高松平野の日照りは厳しく、藩命により香東川安原の百々渕(藩の祈雨所)で、雨乞い祈願が行われた。(「松平頼重伝」による) 続きを読む

文久元年の干ばつ

image

文久元年(1861)5月9日から毎日天気が続き、組々では雨乞いの祈祷などをたびたび行ったが、効果がなかった。そこで、7月8日に宇都宮神社で、大瀬、村前... 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む