昭和13年の洪水

災害年月日
1938年00月00日
市町村
愛媛県西予市(野村町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)、大水害のため、田畑、家屋、橋の浸水流失、土砂崩れなど各地で甚大な被害が出た。中筋での被害総額は115,172円であった。(「野村町郷土誌」による)
Googleマップ
参考文献
野村町誌編纂委員会編「野村町誌」(野村町、1997年)、47頁及び50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 土砂崩れ 野村町郷土誌
NO.
愛媛1099

よく似た災害

元禄14年の干ばつ・洪水

元禄14年(1701)、干ばつ、のち洪水により、宇和島藩で3万石の被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

元禄13年の台風

元禄13年(1700)、暴風雨により、宇和島藩で1万石の被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風による暴風雨のため大洪水となり、田畑、家屋、橋、道路などの流失損壊が続出し、大被害を受けた。渓筋での降水... 続きを読む

元禄6年の干ばつ

元禄6年(1693)、大干ばつのため、稲の植え付け不能・枯死などの被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)、風雨、洪水により、田畑損害大。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む