昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海大地震により、永長など各所で家屋の被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇和町誌編纂委員会編「宇和町誌」(宇和町、1976年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 永長
NO.
愛媛1102

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、市内各所で家屋の倒壊・半壊、藍田の陥没、田畑の浸水等の被害があった。最も被害が大きかったのは撫養... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、南海大地震が発生した。香川県内の被害は死者52人、負傷者273人、家屋の全壊608戸、半壊2,409戸... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により高知県の被害が大きく、高知市や須崎港などに大津波が押し寄せ、人畜、家屋の被害が多大であった。佐川付... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、香川県でも各所で被害があった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震。徳島で震度5となり、建物、道路などに被害があった。徳島県下の被害は死者202人、行方不明258人、家屋... 続きを読む