昭和52年の渇水

災害年月日
1977年01月00日
市町村
愛媛県西予市(宇和町)
災害種類
渇水  
概要
昭和51年(1976)末から年明けにかけて、宇和町は異常な寒波と渇水に見舞われ、水不足という不測の事態に直面した。2月には、下川の滝山川から鬼窪の一ノ瀬水源まで道路沿いに送水管を架設、初の給水車も出動した。また、この時の非常事態を機に、町議会では特別委員会を設置して水資源問題について調査、検討することになった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宇和町誌編纂委員会編「宇和町誌 Ⅱ」(宇和町、2001年)、308頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
渇水 送水管架設 給水車
NO.
愛媛1104

よく似た災害

昭和57年の渇水

image

昭和57年(1982)、早明浦ダムで渇水が発生し、翌年には香川用水が40%の取水制限を受ける異常事態(取水制限日数55日)になった。 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)、松山では5月上旬から9月中旬までの降雨が平年の1/4と少なく、特に8月の降雨は2ミリであった。石手川ダムの貯水量は減少の一途をた... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月10日から10月5日まで87日間、一粒の雨もなかった。蜜柑はやがて落葉し、枯死するものが続出した。10月3には干害非常事態宣... 続きを読む

昭和36年の渇水

昭和36年(1961)、厳しい残暑の上、雨が降らない松山市では、上水道が不足し、8月27日から午前10時から午後4時までの時間断水となる。 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)5月上旬から9月中旬まで、松山市の降雨量は平年の4分の1と少なく、特に8月の降雨量は2ミリであった。石手川ダムの貯水量は8月26日... 続きを読む