昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月13日
市町村
愛媛県八幡浜市
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月13日から10月3日まで晴天続きで、雨量は8月11ミリ、9月10ミリ(消防署調べ)であった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり、みかん農家は朝早くから水を運搬して灌水したが、枯死するのを食い止める程度で、大きな被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
八幡浜市誌編纂会編「八幡浜市誌」(八幡浜市誌編纂会、1987年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 時間給水
NO.
愛媛1110

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月13日から10月3日までの雨量は、7月192.7ミリ、8月12ミリ、9月10ミリであった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり、... 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)7月、干害により飲料水なし。90日間雨が降らず、吉野川より飲料水を運搬した。作物は種子だけも収穫できなかった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)4月から6月にかけて降雨があったのは9日で、麦作でさえも干害を受けた。田植えはやっとしたものの差し水はなく、7月4日と8月13日... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)6月は空梅雨で、猪尻の40町歩は田植えができず、飲料水も不足した。7月中頃からまた旱害が出始め、脇町公設消防組は、ガソリンポンプの... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公園の泉水を... 続きを読む