昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月27日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月27日~8月30日、夏型の天気が続き、平坦部では雨量が少なく、干ばつとなった。八幡浜の降水量は6ミリであった。(「愛媛県史概説」による)伊方村役場記録によると、干ばつにより、桑樹が枯死し、秋蚕、晩秋蚕は飼育不能となった。西宇和郡町村長会は、11項目にわたる干害対策共同陳情書を提出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、18頁及び52-53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 愛媛県史概説 干害対策共同陳情書
NO.
愛媛1149

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日、平地部では雨量少なく、干ばつとなった。八幡浜の降水量は6ミリ。干ばつで桑樹が枯死し、秋蚕、晩秋蚕は飼育不能... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。大正2年を上回り、明治26年以来の干ばつと時の古老が語り伝えている。土瓶水で稲田の苗元にかけるほどの水不足であった。... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、香川県地方の降水量は前年11月から平年より少なく、しだいに灌漑水が不足し、稲の植え付け不能地区は1,000ha余となり、植え付... 続きを読む

昭和37年6月24日の大雨

昭和37年(1962)6月24日、梅雨前線により、大雨、洪水となった。県下最大日雨量は21日に御荘で240ミリであった。南宇和郡、西宇和郡で被害が出た... 続きを読む

昭和4年10月13日の水害

昭和4年(1929)10月13日午後6時、12日から降り出した雨により、久保田の県道上で5尺浸水し、乾繭場で床上2尺となった。夜半から減水し、14日朝... 続きを読む