天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、地震。土佐その他、南海、東海、西海諸道で津波。
Googleマップ
備考
原資料では西暦年月日をグレゴリオ暦で示しているが、四国災害アーカイブスの方針に従いユニウス暦で表記した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
白鳳地震 津波
NO.
愛媛1197

よく似た災害

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の大地震により、土佐そのほか南海、東海、西海諸道で山崩れ、家屋・社寺の破壊、人畜死傷が多かった。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、M8.4の白鳳地震。高知で津波により貢物を運ぶ船が沈没。日本最古の津波記録。(「日本書紀」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)、M8.4の白鳳地震。高知で津波により貢物を運ぶ船が沈没。日本最古の津波記録。(「日本書紀」による) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、土佐沖大地震。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月4日、大地震あり、土佐に大津波が来襲して、人家、田畑は大半が流失したと古い書物に書かれている。土佐国の収穫高は523,7... 続きを読む