慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震。豊後水道沿岸に津波。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波
NO.
愛媛1200

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震。犬吠埼から九州沿岸に至る広範囲で津波被害。特に高知、徳島で甚大。宍喰で1,500余人の死者。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震。犬吠埼から九州沿岸に至る広範囲で津波被害。特に高知、徳島で甚大。甲浦で350人、佐喜浜50余人、室戸... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震。犬吠埼から九州沿岸に至る広範囲で津波被害。特に高知、徳島で甚大。甲浦で350人、佐喜浜50余人、室戸... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日の大地震により、関東から九州まで広く被害が発生した。揺れは小さかったが、室戸岬から徳島県南部沿岸にかけては局地的に津波... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震(M7.9)。土佐東部に津浪、佐喜浜へ10丈もある大波7度、さらわれた男女54人。 続きを読む