昭和38年の長雨

災害年月日
1963年04月00日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和38年(1963)4月~6月、長雨により、瀬戸町内の海岸部で地すべりの被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 地すべり
NO.
愛媛1218

よく似た災害

昭和26年の長雨

昭和26年(1951)6月27日~7月17日の長雨(この間7月1日ケイト台風が四国横断)により、村内2箇所(47戸、田畑30町歩)が地すべりの危険にさ... 続きを読む

昭和38年の長雨・集中豪雨

昭和38年(1963)、長雨と集中豪雨により、農作物に83億2,000万円の被害があった。 続きを読む

昭和45年の長雨

昭和45年(1970)6月、長雨により、麦作に大被害があった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)6月、7月、長雨により、麦類、たばこ、すいか等に大被害があった。 続きを読む

平成10年の台風10号

平成10年(1998)10月17日21時頃、台風10号は高知県西部に再上陸し、愛媛県東部から高松市を通過し、瀬戸内海に抜けた。八幡浜市の南裏地区では、... 続きを読む