明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年00月00日
市町村
愛媛県伊方町(三崎町)
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)、100日に及ぶ干ばつがあり、百姓たちは袖乞いに出る者が多かった。庄屋兵頭新左衛門は民福を祈るため各浦に大乗妙典納塔を立てた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三崎町誌編集委員会編「三崎町誌」(三崎町、1985年)、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 兵頭新左衛門 大乗妙典納塔
NO.
愛媛1245

よく似た災害

元文4年の干ばつ

元文4年(1739)、干ばつ。6月2日雨を祈る。8日大護寺に雨乞い祈願を命じ、また百々潭で雨を祈る。9日雨。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、干ばつのため、6月8日、八倉・宮ノ下・上野・徳丸・出作各村の700人の集団が小樋井手を切り落としたため、上麻生・下麻生両村民と矢... 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)の大干ばつにより、下麻生村組頭の窪田兵衛門が死罪を受けるという大水論が起こったことを契機として、伊予市八倉・宮下及び松前町徳丸・出... 続きを読む

宝永3年の干ばつ

宝永3年(1706)夏、大干、雨を祈る。(「讃州府志」による) 続きを読む

享保15年の干ばつ

享保15年(1730)、大干。6月4日、雨を祈る。(「高松藩記」による) 続きを読む