享保9年の干ばつ

災害年月日
1724年00月00日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
渇水  
概要
享保9年(1724)夏、大いに旱し、稲田水涸れる。8月初旬に雨ありて、多少蘇生す。損毛60,200石。(「記抜」による)この際、山田村は2分5厘作なりという。
Googleマップ
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、267頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 記抜 山田村
NO.
愛媛1250

よく似た災害

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)、大いに干す。菅原道真が斎戒沐浴して雨を城山の祠に祈ったところ、雨天となって民庶蘇生したという。(「香川県史(旧)」による) 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)4月から6月まで日照りとなり、田植えができなくなった。雨乞いが盛んに行われたが、大不作となった。 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)夏、大日照りのため、岩鍋池の貯水が激減した。岩鍋池のある粟井村は、干ばつ時には本谷川の上流にある奥谷池の水を抜くという約束どおりに... 続きを読む

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月6日、打ち続く日照りのため、7日夕方から雨乞いを光林寺で行うことになった。しかし、8日から雨模様となり、9日夕方小雨、10日... 続きを読む

天保8年の干ばつ

天保8年(1837)夏、干ばつ打ち続くこと甚だしく、田圃に濯ぐ水に窮し、土瓶に井戸水を入れて稲の根元に給せりと、ために作物尽く枯死し、収穫皆無の状態と... 続きを読む