明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年00月00日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)夏、干ばつにより、損毛田8,220石余、畑3,709石余。(「藤蔓延年譜」による)干ばつ百日に及び被害多し。矢野保内の百姓かまぎを追い、袖乞いに出るもの多し。(「宇藩御仕置」による)
Googleマップ
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、270-271頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 藤蔓延年譜 宇藩御仕置
NO.
愛媛1253

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、宇和郡の百姓、袖乞いに出る者多し。 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)夏、干ばつにより、損毛田3,213石余、畑1,443石余。(「吉田藩」による)6月大に旱す、当年の干害42,343石。(「記抜」に... 続きを読む

明和9年の干ばつ

明和9年(1772)、異常な干ばつで、大野の百姓と川東村の百姓が、小箱出水で乱闘騒ぎの水喧嘩を行った。 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、干害のため、高松藩内で55,000石余の立枯田が出たと記録されている。この水不足のため、7月1日に寺井村の百姓50余人は大野の案... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、100日に及ぶ干ばつがあり、百姓たちは袖乞いに出る者が多かった。庄屋兵頭新左衛門は民福を祈るため各浦に大乗妙典納塔を立てた。 続きを読む