明和8年の干ばつ

災害年月日
1771年00月00日
市町村
愛媛県西予市(三瓶町)
災害種類
渇水  
概要
明和8年(1771)夏、干ばつにより、損毛田3,213石余、畑1,443石余。(「吉田藩」による)6月大に旱す、当年の干害42,343石。(「記抜」による)凶作2年連続、飢に廻り城下で乞食するもの多し。(「清家日記」による)
Googleマップ
参考文献
三瓶町誌編さん委員会編「三瓶町誌 下巻」(三瓶町、1983年)、271頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 吉田藩 記抜 清家日記
NO.
愛媛1254

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)夏、干ばつにより、損毛田8,220石余、畑3,709石余。(「藤蔓延年譜」による)干ばつ百日に及び被害多し。矢野保内の百姓かまぎを... 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)6月26日、暴風、洪水により、損害多し、殊に城下は60年来の大雨にて猪鹿等も溺死す。(「清家日記」による) 続きを読む

寛政4年9月の風雨

寛政4年(1792)9月、風雨、溢水により、損毛26,542石。(「清家日記」による) 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、前年に引き続き2年連続の干ばつとなった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、干ばつにより河水は全く涸れ、2年連続で旱害となった。 続きを読む