昭和63年の大雨

災害年月日
1988年06月24日
市町村
愛媛県西予市(明浜町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和63年(1988)6月24日午前3時から25日午前3時までの24時間の降水量は199.5ミリを記録し、24日午後8時~9時までの1時間雨量は68ミリという集中豪雨となった。このため、河川、溝などが氾濫して住家の床上・床下浸水が発生し、また崖崩れによる住家の半壊、土砂崩れなどのため農林土木関係に多大な被害が出た。人的被害は重軽傷6人、被害総額は4億8,750万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
明浜町誌編さん委員会編「明浜町誌 続編」(明浜町、2004年)、20-21頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 崖崩れ
NO.
愛媛1268

よく似た災害

昭和62年の大雨

昭和62年(1987)7月14日から20日にかけて、388ミリの大雨が降った。特に18日午前4時から5時までの1時間に68ミリという大雨を記録した。こ... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月7日、洪水により、浅川決壊し、被害箇所56箇所。7日午前10時までの24時間雨量は240ミリ。 続きを読む

昭和57年7月の豪雨

昭和57年(1982)7月24日、宇和町は251ミリの豪雨に見舞われた。特に24日午後1時~2時までの時間雨量は31ミリと記録的なものであった。このた... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日、台風19号により、道路、河川に被害。17日午前7時までの降雨量は黒滝山で172ミリ、上名で152ミリに達した。 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日午前8時50分頃、台風5号は宿毛に上陸し、県西部をかすめ、午後4時半頃に山口県に再上陸した。この間、記録的な集中豪雨に... 続きを読む