昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月20日
市町村
愛媛県宇和島市(吉田町)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月20日~10月25日、雨が降らず、南予砂漠と言われた。温州蜜柑は大損害を受け、被害額は53億5,486万円余に及んだ。(吉田町産業課調)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
吉田町誌編纂委員会編「吉田町誌 下巻」(吉田町教育委員会、1976年)、13-14頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 南予砂漠
NO.
愛媛1278

よく似た災害

昭和44年の干ばつ

昭和44年(1969)8月26日~11月15日、雨が降らず、南予砂漠と言われた。温州蜜柑は大損害を受け、被害額は24億7,741万円に及んだ。(吉田町... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月28日からの連続降雨が梅雨につながり、7月中旬まで長雨となった。愛媛県土木10年史によると、県の農林水産関係損害額37億円、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による北宇和郡の沈下量は見当が立たない。すなわち吉田町は15cm、宇和島市は26~29cm、岩松町は2cm... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、今治市では22cm沈下した。この地盤沈下に加えて、風向きの関係で被害は大きい。キジア台風に伴う高潮... 続きを読む