昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、広見町では家が揺れ動き、タンスが今にも倒れそうになった。地震は数分間のものであったが、翌朝には土蔵や家の壁にひび割れができたり、石垣が崩れたり、大きな墓石が倒れたりしていた。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、40-41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
愛媛1296

よく似た災害

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震により、仁淀村では家屋の壁の一部にひび割れが生じた程度の被害であった。 続きを読む

平成7年の阪神・淡路大震災

平成7年(1995)1月17日午前5時46分、地震が発生した。三木町では震度4を記録し、棚から物が落下したり、壁にひび割れが生じる被害が発生したが、大... 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時02分、強震、壁にひび入り、石燈倒れる。(「気象集誌(高知)」による) 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時2分、地震が発生した。壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「渡川改修四十年史」による) 続きを読む

明治15年の地震

明治15年(1882)6月24日11時2分、強震により、壁にひびが入り、石燈が倒れる。(「気象集誌(高知)」による) 続きを読む