安政4年の地震

災害年月日
1857年10月12日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月25日、M6.4の大地震により、大洲で被害が多く、壊家もあった。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
愛媛1307

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の大地震により、四国全部で被害が出た。倒家も出た。5日は一夜に5、6度も震動し、6日も7、8度震動、14日まで... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の大地震で、撫養地方は大いに震い、徳長から鯛の浜まで約2里の間、大地が2尺程割れ、人家に洞穴があき、死人が多く出た... 続きを読む

安政2年の地震

安政2年(1855)1月18日夜中、6回の大地震があった。(「御用日記」等による) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震があり、斗賀野村では所々で崩壊、家屋倒壊が多く、人畜被害も多少あった。この地震で、東組大平上方の光り岩の大岩が転... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月5日~7日、M8.4の安政大地震、東南海で大津波。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等に... 続きを読む