寛政11年の干ばつ

災害年月日
1799年00月00日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
渇水  
概要
寛政11年(1799)、干ばつ。87日間の日照り続きで大不作となり、人々は藩主からの救助米で飢えをしのいだ。
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、41-43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 救助米
NO.
愛媛1314

よく似た災害

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

寛永3年の風雨・干ばつ

寛永3年(1626)4月、大風雨となり、その後、7月に至るまで雨がなく干ばつとなった。稲は枯死し、人々は飢餓に瀕した。この後、西嶋八兵衛は藩命を受けて... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月8日、洪水により、土成村樫原谷が崩壊し、山津波を起こして、人家が流失し、死者数人が高畑に流れ着くという悲惨事があった。この時... 続きを読む

元文元年の長雨

元文元年(1736)、長雨。藩士の録を減じて急場をしのいだ。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む