天保3年の干ばつ

災害年月日
1832年07月00日
市町村
愛媛県鬼北町(日吉村)
災害種類
渇水  
概要
天保3年(1832)6月から85日に及ぶ干ばつ。村民はわらを食い、ヒガン花の球根をかじり、そのため腫病にかかり、甚だしいのは鋳銭の束を枕に餓死する者もあった。
Googleマップ
参考文献
日吉村誌編集委員会編「日吉村誌」(日吉村誌編集委員会、1993年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1332

よく似た災害

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)6月から85日に及ぶ干ばつ。村民はわらを食い、ヒガン花の球根をかじり、そのため腫病にかかり、甚だしいのは鋳銭の束を枕に餓死する者も... 続きを読む

天平5年の干ばつ

天平5年(733)3月、甚だしい旱に遭い、五穀不登。(六国史、類聚国史、蜂須賀家記等による) 続きを読む

天正元年の干ばつ

天正元年(1573)、干ばつのため、飢餓する者が多かった。 続きを読む

天和元年の洪水

天和元年(1681)、洪水甚だしく、窮民飢餓する者多し。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

天平5年の干ばつ

天平5年(733)、和泉、紀伊、淡路、阿波共に甚だしい旱害に逢い、五穀実らず。閏3月2日、大税を借貸して百姓の産業が続けられた。(「続日本紀」による)... 続きを読む