寛政11年の干ばつ

災害年月日
1799年00月00日
市町村
愛媛県松野町
災害種類
渇水  
概要
寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている。(「明治村誌」、「毛利氏歴要紀略」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松野町誌編集委員会編「松野町誌 改訂版」(松野町、2005年)、57頁及び60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 祝井村 毛利氏歴要紀略
NO.
愛媛1360

よく似た災害

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

弘化2年の干ばつ

弘化2年(1845)、干ばつにより、祝井の百姓は広見川上に延長96間の樋をかけ、延野々の落垂水を受けて田に入れたと伝えられている。(「明治村誌」、「毛... 続きを読む

弘化2年の干ばつ

弘化2年(1845)、干ばつにより、祝井の百姓は広見川上に延長96間の樋をかけ、延野々の落垂水を受けて田に入れたと伝えられている。(「明治村誌」、「毛... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、干ばつ。87日間の日照り続きで大不作となり、人々は藩主からの救助米で飢えをしのいだ。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)4月中旬から8月にかけて、130日ほど雨らしい雨がなかったと伝えられている。(新聞記事による) 続きを読む