大正15年7月6日の大雨

災害年月日
1926年07月06日
市町村
愛媛県愛南町(内海村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正15年(1926)7月6日、南宇和郡一帯に大雨、柏坂で土砂崩れ発生。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海村史編纂委員会編「新訂 内海村史」(内海村、2004年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 柏坂 土砂崩れ
NO.
愛媛1381

よく似た災害

大正15年7月3日の大雨

大正15年(1926)7月3日、南宇和郡一帯に大雨、柏字タカメギ付近の道路で土砂崩れ。 続きを読む

昭和41年の台風21号

昭和41年(1966)9月17日~18日の台風21号と秋雨前線により集中豪雨が発生し、大西のザレ大となる。また、岩舟で土砂崩れ2箇所。 次いで24日の... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が四国西部を通過し、瀬戸内海から北東に進路を転じて日本海に抜けた。この台風は東予・南予地方に大雨を降らせ、特に南宇... 続きを読む

昭和41年6月4日の大雨

昭和41年(1966)6月4日、本州南海上の前線上を低気圧が発達しながら東進し、徳島で日降水量73.9ミリ、宍喰で132ミリの大雨があり、山崩れ、土砂... 続きを読む

昭和41年6月4日の大雨

昭和41年(1966)6月4日、本州南海上の前線上を低気圧が発達しながら東進し、徳島で日降水量73.9ミリ、宍喰で132ミリの大雨があり、山崩れ、土砂... 続きを読む