昭和38年の台風3号

災害年月日
1963年06月13日
市町村
愛媛県愛南町(内海村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)6月13日、台風3号により、柏崎で土砂崩れが発生し、2人が下敷きになるが救出された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海村史編纂委員会編「新訂 内海村史」(内海村、2004年)、425頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 柏崎 土砂崩れ
NO.
愛媛1383

よく似た災害

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日早朝、豪雨のため土佐山田町繁藤の通称「追廻山」で山崩れが起き、家屋が埋没した。この崩壊土砂の排除中に小規模な崩壊が再度発... 続きを読む

昭和29年の突風

昭和29年(1954)9月14日午前4時頃、住宅が倒壊し、下敷きになった1人が圧死した。 続きを読む

嘉永5年の大風

嘉永5年(1852)8月22日、大風により大林で家屋が倒壊し、昼飯を炊いていた主婦が下敷きになり、焼死した。 続きを読む

貞享4年の台風

貞享4年(1687)9月9日、福島(現土佐市)より甲浦までの間で、風雨により1,154軒の家が潰れ、16人が波にさらわれたり、潰れた家の下敷きになって... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震で、中村市では地震後の火災により、倒壊した家屋等の下敷きになるなどして多くの人が焼死した。 続きを読む