享保6年~9年の台風・干ばつ

災害年月日
1721年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  渇水  
概要
享保6年(1721)から享保9年(1724)の4か年にわたり、暴風雨と大干ばつが続き、さらに享保13年~16年にも風雨が荒れ、虫害が重なったため大飢饉となった。山陽、西海、四国一帯で餓死者が約16万9千人に達したという。宇和島藩でも連年の凶作のため、各地に救援物資を送るなどの対策を立てた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、264頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 干ばつ
NO.
愛媛1385

よく似た災害

享保9年の干ばつ宇

享保9年(1724)、大干ばつにより、宇和島藩で6万石被害。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

享保6年の洪水

享保6年(1721)、洪水により、宇和島藩領で田破損7,039石、死者3人。 続きを読む

元禄13年の台風

元禄13年(1700)、暴風雨により、宇和島藩で1万石の被害が出た。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

享保20年の風雨

享保20年(1735)4月及び7月の風雨により、損毛15,000石と称す。(「宇和島藩」による) 続きを読む

享保17年の洪水

享保17年(1732)、洪水と蝗害。享保の大飢饉のため、宇和島藩内で多数の人が飢える。 続きを読む