昭和18年の大雨

災害年月日
1943年07月00日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月、大雨が数日降り続き、僧都川の堤防が城辺地区で2箇所大きく決壊し、御荘町でも観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋や観栄橋も流失し、田地が浸水したり、土砂に埋まるなど被害は甚大であった。菊川地区では、軍用資材の切り出しが行われていたため。各所で土砂崩れが起こった。その上、軍用に積まれていた松材が流出して堤防に激突したため、下流堤防が崩れ、流域の4戸が流失するなど大被害を受けた。さらに、菊川では土砂崩れで1人、猿鳴では石垣が崩れ1人が死亡した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
御荘町史編集委員会編「御荘町史」(御荘町、1970年)、266-267頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 僧都川 菊川 土砂崩れ 死者
NO.
愛媛1388

よく似た災害

昭和33年2月の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨となり、特に西部、中部に集中した。2日の雨量は高岡、須崎、窪川で100... 続きを読む

昭和33年の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨があった。特に西部、中部に集中し、2日の雨量は高岡、須崎、窪井で100... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月22日、台風により松茂では水稲など農作物に16万510円の被害が出た。なお、この台風が来るまでに、大手海岸の豊岡・満穂地区で... 続きを読む

大正15年7月6日の大雨

大正15年(1926)7月6日、南宇和郡一帯に大雨、柏坂で土砂崩れ発生。 続きを読む

昭和57年8月の大雨

昭和57年(1982)8月2日夜から3日にかけて、台風9号崩れの低気圧が四国の南海上を通過したため、県南部を中心に大雨が降った。総降水量の最大値は日和... 続きを読む