昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月00日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月から大干ばつ、70日以上も日照りが続く。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、63頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1396

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であった。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大干ばつにより、54日間日照りが続いた。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大干ばつにより、54日間日照りが続いた。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続き、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は前年と同様に3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であっ... 続きを読む

宝暦7年の干ばつ

宝暦7年(1757)6月から7月にかけて、日照りが続いた。 続きを読む