天正元年の大雨・干ばつ

災害年月日
1573年00月00日
市町村
愛媛県愛南町(一本松町)
災害種類
風水害  渇水  
概要
天正元年(1573)は大雨と干ばつが交互に発生し、年中天候不順であった。このため、秋には餓死者が路頭に横たわり、侍から百姓至るまで葛根を掘って食にあてた。(「清良記」による)
Googleマップ
備考
清良記は、北宇和郡三間地方を中心に書かれたものである。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
一本松町史編集委員会編「一本松町史」(一本松町、1979年)、204頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 干ばつ 清良記
NO.
愛媛1399

よく似た災害

天明6年の干ばつ

天明6年(1786)、池川地方は干ばつであったが、池川郷と境を接する吾北の村々も池川郷と同じ状況下にあったことは疑いない。池川では餓死者が続出したが、... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)、長雨続きで、うんかが大発生して収穫がなく、米麦価が暴騰し、餓死者が出た。義農作兵衛が麦種を残して餓死した。領内の餓死者は3,5... 続きを読む

天正元年の干ばつ

天正元年(1573)、干ばつ、宇和郡で餓死者多し。 続きを読む

天保7年の大雨

天保7年(1836)夏秋続いて大雨のため、稲が実らず、大凶作となって餓死者が続出した。 続きを読む

天正元年の干ばつ

天正元年(1573)9月9日、干ばつにより餓死者多い。(「清良記」による) 続きを読む