慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震。大日本地震史料には「東海、南海、西海の諸道地大に震ひ、大津浪を伴ひ、土佐及び阿波宍喰にて溺死するもの夥し、房総半島は30余町干潟となれり」と記されている。 (註)この地震については伊予に関する文献はないが、当然相当の影響(少なくとも南予地方に対象の津浪等)があったと推測されるため、ここに掲げた。
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、8-9頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 大日本地震史料 津波
NO.
愛媛1420

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸道地大いに震い、大津波を伴い、土佐及び阿波宍喰にて、溺死するもの多し。(「大日本地震史料」による... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸島地大いに震い、大津波を伴い、土佐及び阿波宍喰で溺死するもの夥し。(「大日本地震史料」による)伊... 続きを読む

慶長元年の地震

慶長元年(1596)閏7月12日、大地震により、薬師寺(余土村)の本堂、仁王門が崩れたと言い伝えられている。(「伊予温故録(薬師寺記録)」による) (... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こり、津波による被害が発生した。この研究では、四国の歴史津波(慶長、宝永、安政)の津波高について、文献調査及... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こり、津波による被害が発生した。この研究では、四国の歴史津波(慶長、宝永、安政)の津波高について、文献調査及... 続きを読む