慶長19年の地震

災害年月日
1614年11月26日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
慶長19年(1614)10月25日、大地震により、山崩れて泉脈が塞がれた。(「伊予温故録(温泉伝記)」による)/地震あり、湯出ず、その後月を越えてまた出始めた。(「松山叢談」による)/伊予国地震い、道後温泉一時湧出を止んだ。(「大日本地震史料」による) (註)この日の地震は大規模なものであろうが、史料の分布状況、内容等から見て一つの地震とすべきか、一つの地震とすれば震源はどこか疑問の点が多い。
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、9-10頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 山崩れ 道後温泉 温泉伝記 松山叢談
NO.
愛媛1421

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日午前8時頃、房総半島南東沖と室戸岬沖に2つの震源をもつM7.9の地震が同時に起き、大津波が犬吠岬から九州に至る太平洋沿... 続きを読む

慶安2年の地震

慶安2年(1649)3月17日、地震。震源は伊予灘であろう。伊予及び安芸に被害あり。松山・宇和島の地域は破損した。 続きを読む

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、大地震により、山崩れのため泉脈が塞がれた。(「伊予温故録(温泉伝記)」による)地震あり、湯出ず、その後月を越えてま... 続きを読む

享保元年の地震

享保元年(1716)9月12日朝、強震あり。(「大日本地震史料(宇和島御記録抜書)」による) (註)この地震については、上記の他、宮地日記(土佐)に記... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、南関東沖を中心とする地震と、南海沖を中心とする二元の巨大地震があり、房総、八丈島、伊豆、遠江、阿波、土佐は津波に襲わ... 続きを読む