寛永3年の干ばつ

災害年月日
1626年00月00日
市町村
愛媛県
災害種類
渇水  
概要
寛永3年(1626)、稀有の大干ばつのため、草木、河魚が枯死するに至ったという。(「新居郡誌」による) (註)日本気象史料では伊予に関する文献を挙げていないが、この年は全国的な大干ばつであり、香川県史でも大旱で雨なし95日などと記されているため、伊予でも旱害があったと考えられる。ただし、伊予風水害小史は新居郡誌の史料をほとんど全面的に採用しているにもかかわらず、この項にみ引用していないのは理解しがたい。
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、10頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 新居郡誌 日本気象史料 香川県史 伊予風水害小史
NO.
愛媛1423

よく似た災害

寛文3年の干ばつ

寛文3年(1663)、干ばつのため、物成三分の一不納なり。(「松山叢談」による)7月、大干ばつのため、不作。(「新居郡誌」による) (註)九州及び江戸... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、稀有大干ばつ。(「新居郡誌」による) 続きを読む

天正13年の地震

天正13年(1586)11月、大地震あり。(「新居郡誌」による) (註)天正13年11月29日の地震については大日本地震史料に記載されているが、震源は... 続きを読む

元禄9年の干ばつ

元禄9年(1696)夏大干ばつ、秋暴風雨、諸国大いに飢ゆ。(「新居郡誌」による)/夏季干ばつ。(「伊予風水害小史(宇和島吉田両藩誌)」による) (註)... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)4月から7月中旬にかけての3ヶ月余り、讃岐には一滴の雨も降らない大干ばつであった。田は白くひび割れが生じ、稲の収穫は皆無、餓死する... 続きを読む