宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震につき、御城内所々破損、田503町2反余、家屋その他数々流失、死人8人、半死24人、沖の島(高知県)の死人2人、御城下の家々破損、死人2人。(「伊達城内日記」による)/10月、大地震あり、津波陸上を浸し、所々破損多く、終日鎮まらず、藩主宗純公には当寺院に御避難御逗留遊ばさる。(「医王寺記録」による)/10月4日未上刻、大地震により、道後温泉が出ず、道後温泉の湯神社で祈祷が行われた後、湯が再び出るようになった。(「松山叢談(垂憲録拾遺)」による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、22-23頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 宇和島城 死者 伊達城内日記 医王寺記録
NO.
愛媛1437

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、潮岬南方を震源とするM8.4の地震が発生し、それに伴い津波も発生した。愛媛県内の記録は極めて少ないが、宇和島の「伊達図... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、御城内所々破損、委託田503町2反1畝、家屋、その他数々流失、死人8人、半死24人。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、大地震により、道後温泉が一時出なくなった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む

寛永2年の地震

寛永2年(1625)3月18日、大地震により、道後温泉出ず。(「久米八幡記録抜書」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、五畿七道にわたり地大いに震い、続いて九州の南東部より伊豆に至るまでの沿海の地は津波に襲われた。震災全部を通じて死者4,... 続きを読む