明和7年の干ばつ

災害年月日
1770年07月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
明和7年(1770)6月、松山で干ばつにつき、味酒社で雲大踊り。(「松山叢談(本藩譜)」による)/夏、干ばつ百日に及び、被害多し。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による)
Googleマップ
備考
味酒神社は阿沼美神社である。
参考画像
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、37-38頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 阿沼美神社 本藩譜 東宇和郡沿革史
NO.
愛媛1446

よく似た災害

元禄2年5月17日の洪水

元禄2年(1689)5月17日及び19日、洪水により、被害多し。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

image

明和8年(1771)、大干ばつの時、麻生村の市の井手で外5ヶ村と水論に及び、即死2人、負傷者多し。(「伊予温故録」による)/明和8年、大いに旱して、田... 続きを読む

享保7年7月の洪水

享保7年(1722)7月9日、10日、洪水、損毛19,000石。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による) 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)6月26日、暴風、洪水、損害多し。殊に城下は60年来の大雨で、猪鹿等も溺死す。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による)/6月... 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月16日~8月21日、干ばつにより、南予海岸部に農作物の被害多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による... 続きを読む