天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
地震・津波  
概要
白鳳13年(684)10月14日、天下大いに地震して、四国の地にとりても土佐の国の田地50余万頃が海中に没し、道後温泉も泉脈塞がり出ざること久しく、その後またいつとなし出初めのごとし。(「津田家記」による)
Googleマップ
備考
原資料では50余頃となっているが、50余万頃に修正した。
参考文献
牧野竜夫「湯祈祷記ー道後温泉震災の記録ー」(牧野竜夫編「伊豫史談 第188号」伊豫史談会、1968年、所収)、36頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
白鳳地震 道後温泉 津田家記
NO.
愛媛1477

よく似た災害

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、地震(M7.7)により、山崩れて泉脈塞がる。道後温泉一時湧水止まる。 続きを読む

推古天皇36年の地震

推古天皇36年(628)、地大いに震い、湯出ざること3年、舒明天皇3年(631)9月に至って再び出づ。(「津田家記」による) 続きを読む

慶長19年の地震

慶長19年(1614)10月25日、大地震により、山崩れのため泉脈が塞がれた。(「伊予温故録(温泉伝記)」による)地震あり、湯出ず、その後月を越えてま... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、日本書紀によれば、大地震が起こり、諸国の官舎、民屋、寺塔、神社の倒壊するもの数知れず、人畜の損害も少なからず、「... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日亥の刻(午後10時頃)、大地震が起こった。国中の男女はさけびわめいてなすすべを知らなかった。山は崩れ河は奔流した。... 続きを読む