明治32年の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、東予地方に暴風雨が襲来し、水害や土砂災害をもたらした。この災害について、この稿では以下の記録が紹介されている。「東指宛池坊専啓書簡」、「下泉・秋葉家記録」、「水害記念之碑」、「広瀬家文書」、「土居町北野村・岡田政助文書」、「I家記録」。
Googleマップ
参考文献
喜代吉栄徳「明治32年 水害記録補集」(新居浜郷土史談会編集部編「郷土史談 第169号」新居浜郷土史談会、1989年)、1-10頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害
NO.
愛媛1568

よく似た災害

明治9年の水害

明治9年(1876)、水害や山崩れにより、免訴を願い出る文書が残されている。(「町見郷土誌」による) 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月28日、別子銅山で大水害が発生し、死者は513人に達した。この稿には、別子銅山殉職者追悼法要の様子と大水害の概要が示されてい... 続きを読む

明治9年の風水害

明治9年(1876)、大風水害により、被害が甚大であったと伝えられているが、これを具体的に示す記録は残っていない。慶応2年(1866)に有同村の百姓が... 続きを読む

明和2年8月8日の台風

明和2年(1765)8月8日夜、大暴風雨、大洪水により堤防切れ。(「奈半利町史」による)室津湊番久保野家記録には「8月暴風雨のため室津西波止大破損、其... 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)には、8月20日~21日、9月10日、17日、24日と4回の台風が来襲し、物部川の出水がひどく、山田堰の被害も大きかったというが... 続きを読む