安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、M8.4の地震により、松山城、大洲城が破損。道後温泉も止まり、翌年2月23日から再び湧き出す。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、206頁及び225頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政南海地震 松山城 道後温泉 大洲城
NO.
愛媛1637

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、松山で大地震、道後村温泉止まる。翌年2月末から温泉は旧のごとく湧出した。 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震。松山城外郷中2,600軒全半壊、道後温泉の湧出止まる。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震。四国、紀伊半島、大阪湾で大被害。愛媛県で14人の死者、深浦で101人が遭難。道後温泉の湧出止まる。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、地震(M8.4)により、松山城内破損、領内被害住家・非住家計2,500軒余。 また、11月7日にも地震(M7.3~7.... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む