明治36年の地震

災害年月日
1903年03月21日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とするM7.0の地震により、大洲付近で落石があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、225頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 落石
NO.
愛媛1647

よく似た災害

明治37年の地震

明治37年(1904)9月21日、伊予灘を震源とするM6.6の地震により、大洲町付近で器物が倒壊し、山頂より岩石が落下し道路を埋めた所があった。 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月7日、M7.0の地震により、伊予西部、伊予大洲、吉田で壊家あり。(「理科年表」による) 続きを読む

明治38年の地震

明治38年(1905)9月10日、M4.0の地震により、瀬戸内、南予で被害。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等に... 続きを読む

明治32年の地震

明治32年(1899)9月20日、M7.1の地震により、大分、南予で家屋倒壊。この地域でも震害があった。(「愛媛県気象史料」、「愛媛県土地保全資料」等... 続きを読む

明治25年の地震

明治25年(1892)、地震、津波があり、富岡町付近では床上約5尺の浸水があった。 続きを読む